No Music No Life~日々全力投球~  社会人になっちゃったゆずひろの日常
03≪ 2017| 12345678910111213141516171819202122232425262728293004/ ≫05
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--'--'--(--)--:-- [ スポンサー広告 ] . . TOP ▲
こころ
 これをみて、なんとなく心の音が聞こえました。




ttp://blog.livedoor.jp/michaelsan/archives/50372183.html
スポンサーサイト
2006'03'09(Thu)00:44 [ おすすめ☆彡 ] CM0. TB0 . TOP ▲
こんな寒い夜だから・・・
 すっかり冬の雰囲気がしますね、ゆずひろです。

さて、今回は、僕が最近注目しているアーティストを紹介していこうと思います。




まずは、「THE NEUTRAL」というバンド。彼らは姫路出身のバンドです。ガガガSPとかウルフルズをよく聴く人だったら好きになれると思います。11月の初旬に彼らのメジャー2枚目のアルバムが発売されました。どうにもならないとき、生きる意味を問いだしたいとき、あなたの心をそっと優しく、時に力強くサポートしてくれる1枚です。



次に「東京60WATTS」というバンド。月夜にムーンウォークというタイトルのアルバムを11月初旬にリリースしました。哀愁サウンドがすごく胸に響きます。寒い夜空の元で聞くとよりいっそうよいでしょう。



そして「LOST IN TIME」です。彼らのサウンドはメッセージ性のある楽曲が多いけれどもボーカルの声がよりいっそうそれを増してくれる。最新アルバムに収録されている「羽化」という曲や、セカンドアルバム&セカンドシングルでもある「ココロノウタ」は聞かないと損をするといってもいいくらいの名曲です。



【気分が沈んだときに聴きたい曲】

無力/ゆず
これは文句なしです。サビとかは泣いて歌っちゃうこともあります。

FREE NOTE/Re:チャンネル
これも自分の無力感を歌ったナンバー。たくさんの嘘を重ねて生きてはいませんか?

THE NEUTRAL/腐葉土
最新アルバムに収録されている曲。ライブで必ず歌われるボーカルしげるの思い入れのある曲。生きるとは何か死ぬとは何か、人間の本心が描かれた曲です。






これ以外にもたくさん紹介していきたい曲やアーティストはいるけど今日はここまで

2005'12'03(Sat)02:07 [ おすすめ☆彡 ] CM0. TB0 . TOP ▲
ブログ運営者への大切なご案内
こんばんわ、ゆずひろです。

さてさて、ちょいとここを覗いていらっしゃるブログ運営者のそこのあなたにお願いがあります。

えっとですね、寝てましたとさ。 というブログを運営していらっしゃる「さちえ」さんがですね、卒研でブログに関するアンケートを実施しているんです。質問内容は難しくもなんともありませんし、個人情報など一切聞き出すようなことはございません。

さちえさんの卒研にご協力のほどよろしくお願いします。

出会ったのは偶然ではなく必然だから…

2005'11'15(Tue)23:26 [ おすすめ☆彡 ] CM0. TB0 . TOP ▲
( ゚Д゚)⊃旦 チャノメヤ ~~旦_(-ω- ) ドモドモ
 最近、ジュースと言うものを大学以外で買わないため、家での飲み物はお茶です。
 夏場は麦茶なんですよ、僕の中では。んで、涼しくなってきたこの頃からは所謂「ばん茶」を飲むんです。
 ほうじ茶の一種なのかな?調べてみるとほうじ茶も引っかかるんで…

 これを飲むとすごく落ち着くんですよ。このお茶の正しいのみ方ってのは、温かい状態で飲むことなんですよ。冷えたのが美味しくないっていうわけじゃないんだけど、温かい方を飲んじゃった日には、それ以降温かいお茶を選ぶはずです。

 んで、この「ばん茶」もこだわりがあって、島根県のとあるメーカーのものしか買わないんですよ。。まぁ特段に高いっていうわけでもないんだけど、島根のおじいちゃんの家ではそのお茶が出されるんで、その名残かもしれないけど。

 疲れたときとか、お茶を飲んで癒される。僕のちょっとしたストレス軽減法でした。


 お茶は( ゚Д゚)ウマー

2005'10'13(Thu)02:15 [ おすすめ☆彡 ] CM0. TB0 . TOP ▲
最終兵器彼女
 こんばんわ、ゆずひろです。

 さてみなさん(浜村順風に)、「最終兵器彼女」という漫画をご存知だろうか?これは2000年頃に誕生したもので、アニメにもなった作品。漫画は7巻で完結するんだけど…
 この漫画は他の漫画と何か違う気がする。上手く伝えられない。ただ、「生きるとは何なのか」「愛することとは何なのか」「守るものは何なのか」っていうのを訴えかけられた。
 僕がこれを知ったのは、アニメで…まだ実家にいた頃1月~3月の間、深夜2時くらいから放映されていた。最初は何となく見ていたけど、ストーリーの進展が現実味を帯びないのにすごく恐怖を覚えていた。最終回の時は、最後の10分くらい泣きっぱなしだった。「生きたくても生きられない辛さ」ってのがすごく伝わった。
 今日用事もなく色んなところをウロウロしていて、偶然入った古本屋でそれを見つけ夢中になって読み直した。流石に最終話は泣きそうになった。
 本当の恐怖に陥ったとき、人は本能に動く。



 アマゾンでレビューがあったので一部抜粋させていただきます。

彼女が最終兵器になったらどうしますか…。ほとんどの人は有り得ないというでしょうし、もちろんそうだと思います。でも、ほんとにそうなってしまったら、有り得ないとかいう議論はもちろん、理由だって意味を成しません。この物語は、『そうなってしまった』、彼女「ちせ」と彼氏「シュウジ」、二人の恋のお話です。いうまでもなく、二人の恋は前途多難ですが、それでも、お互いがお互いを好きになろうと、大事にしようとした二人の記録…。このちっぽけな惑星で、一番最後のラブソング…。

個人的には高校2年生位の方に読んでもらいたいかな。私もそれくらいのころに読んだので。主人公の年齢もそれくらいですしね。ちせやシュウジたちは一生懸命なので、読むあなたも一生懸命読んでください。「有り得ない…」なんて言っても、彼らにとってはそれが現実なのですから…。

最終兵器彼女アマゾンレビュー



 今、これを見て少しでも興味を持った方、買えとかいいません。読んでください!!そしたら、あなたの中で何かが生まれるでしょう。ヲタク漫画だと軽蔑してはいけません。絵のタッチとかはそう見えるかもしれないけど、ストーリーはシリアスで、残酷で、でも純粋で…一気に読みきれます。今までの漫画の中で一番になるものだと思います。





2005'09'16(Fri)23:56 [ おすすめ☆彡 ] CM2. TB1 . TOP ▲
    


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。