No Music No Life~日々全力投球~  社会人になっちゃったゆずひろの日常
06≪ 2005| 12345678910111213141516171819202122232425262728293006/ ≫07
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--'--'--(--)--:-- [ スポンサー広告 ] . . TOP ▲
ありがとう、そしてこれからも…
 こんばんわ、ゆずひろです。
 さっきですね、ゆずの特番をやってたんですね。ゆずのオフィシャルウェブを見たら放送日時載ってるので気になる方はチェックしてください。
 ちょっとだけ、今回のベストに収録されている新曲を聴くことが出来た。新曲は松任谷さんがアレンジで参加していただいてるとか…あと数日だけどすごく楽しみです!!楽しみでなりません!!でも、財布の中にベストを買えるだけの資産がないので銀行に行って下ろしてきますw

 ゆずっていう存在は俺の中になくてはならない存在で、ないという空間が想像できない。色んなアーティストが好きだけど、これほど長期(今で約8年)ずっと大好きなアーティストはゆずのみだ。最近って言うか、好きな系統にバラつきが出来たものの、根底にあるのは歌詞で伝わる何か…ゆずにはそれがすごくある。負けそうなとき、泣きたいとき、時には泣けばいいさと慰めてくれるときもあれば、泣かずに明日をみようと宥めてくれる歌詞がゆずにはある。恋の歌だってすごく共感できるものばかりだし、別れの曲なんかは、自分が彼女と別れたときに聞いてしまったときには号泣していた。
 聞いた当時は分からなかった歌詞の本意が今になって気づくこともある。俺にとってゆずは生き甲斐で、失ってはいけないものである。救われたことは数え切れない。ゆずがいたからこそ、今の俺がここにいるのだ。おこがましいけど、こんな人、いや大人になりたいと思っている。特殊な環境だから難しいのかもしれないけど、楽しむときは子供みたいに楽しんで、真面目なときは諭すように話してくれる。そんなゆずに憧れています。

 ゆずのお陰で、ギターに出会い、同じ音楽仲間も出来た。音楽談義が楽しくて仕方ない。それぞれ源にあるアーティストが違うのだから…アーティストが違うと音楽性もバラつきがあると思う。ある友人はミスチルや山崎まさよしが好きなので自作曲でもそういった感じがする。実際、俺も未熟ながら自作曲はあるけど、やはりゆずっぽさがあるのは否めない。
 ゆずのすごさを知っているから、路上に出るのが怖いというのがある。怖いというのは言い過ぎかもしれないが、俺の中で路上はすごく神聖な場所のように感じてならない。生半可な気持ちじゃ行ってはダメだと思う。でも、百聞は一見にしかずじゃないけど、近い将来路上に出てみようと思う。俺の中で何らかの変化をつけたいから。そう、Goingなのだ。岡山に来て、岡山のHomeは見つかった。だから、Goingなのだ。Homeにばかりいてはいけない…
 ゆずがいたから、生きていける。ゆずのようになりたい。俺はこれからもずっとゆずっこでいたい。
スポンサーサイト
2005'06'06(Mon)02:35 [ ゆず ] CM0. TB0 . TOP ▲
    


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。