No Music No Life~日々全力投球~  社会人になっちゃったゆずひろの日常
05≪ 2017| 12345678910111213141516171819202122232425262728293006/ ≫07
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--'--'--(--)--:-- [ スポンサー広告 ] . . TOP ▲
ともに歩く
柚裕です。

先日の意味深な日記は自分の幼さ、強情さから書いてしまったもので、出来ることなら削除したいけど自分で記した気持ちなわけなので、残しておこうと思います。
自分への戒めもこめて。。。

ちょっと唐突だけど今この時点で僕が思う夫婦像というものを語ってみたいと思います。

いや、まぁそんな堅苦しい感じで書くつもりも無くて、正解ではないと思っているけど、今はこれがベストエフォートなのかなと思う、そんなことを書いていきます。

①旦那はATMになってはいけない
②家事は夫婦で協力して行う、決してどちらかにまかせっきりにしない

この2点。
僕の考える夫婦としてのあり方。

まず①について。
ちょっと意味不明な感じかもしれないので説明させてください。
ATMっていうのはほとんど誰もが一度は利用したことがあるだろう、銀行などにあるお金を引き出したり入金したり振り込んだり出来る機械のこと。
それをどういう意味で「旦那はATMになってはいけない」と書いたのか。
意味はすごくシンプルなこと。

極論なことを言うと、こうだ。

「旦那は稼ぐだけではいけない」

ただ家計を安定させるがために働き、給料を家庭にいれそれで家計のやりくりを奥さんが行う。
旦那は仕事だけしていればいい、という表現は悪いけど「奴隷」のようであってはいけないと思うのです。

んで②にもつながることなんだけど、仕事でいくら疲れていたとしても家事はやりたいと思っている。
妻に全て任せるのは僕個人としてすごく申し訳ない気持ちになるし、なんか居場所がなくなる気がする。
現状の話しをすれば、妻も今も変わらずパートで15時くらいまで仕事をしているのは変わりないし、それから帰宅して夕食の献立を考えながらの調理、それが終われば他の家事が。。。

正直、そんなに妻に負担をかけさせたくない。というのが本音。
別に妻として認めていないとかそういったへんてこな次元の話をしているわけではない。

こう思うのには理由があるわけなんですよ。
僕の親を見ていたからそう思うことが強い。

僕の両親は、母親は僕が小学生中学年くらいからパートで朝の9時~15時くらいまでの仕事をしている。
父親はサラリーマンではなく、工場勤務。勤務形態も3交代制というもので、朝早い勤務 昼から夜までの勤務 夜から朝までの勤務とある。

母親がパートに出だしてからというもの、母親のタイムスケジュールは分刻みだった。朝に限っては凄まじかった。

誰よりも早く起きて、みんなの分の朝食(時期によっては弁当)を作って、それと並行して洗濯物をまわし、僕が何事も無くぎりぎりのタイミングで起きて自分のペースでご飯を食べて学校に行く準備をしているころ、母親は忙しそうに洗濯物を干したり、自分の朝食をとったりしていた。
いつもぎりぎりのタイミングで母親はパートに出勤していた。

父親は、そんな母親の忙しい姿を誰よりも長く見ているわけだから、色々僕たち子供には冗談交じりに文句の一つ二つも言っていたけど、すごく協力的だった。
父親が休みのときは夕食を父親が作っていたこともあった。
母親が風邪などで安静にしているときは、父親 弟 僕の3人で家事をこなしたりもしていた。

こういった両親の背中を見て育った僕としては、家事を手伝うのは至極当たり前の気持ちで、逆に言えば家事を手伝わないのは、妻にとって失礼になるとさえ思っている自分がいるのも事実なのだ。

まぁ気持ちのどこかには、そうやって家事を手伝って感謝されたりすることを欲しているのかもしれないけど。。。


妻としても意地があるのは認める。
せっかく妻になったから家事も頑張るぞ!って意気込みは高いのはよくわかる。
そんな折、旦那が自分がやろうと考えて計画していた家事をやられたら気分が悪くなるのもうなづける。

ただ、勘違いはしてほしくない。
決して旦那だって「しょうがなく」「いやいや」で家事をやっているわけではない。
もともとそんな環境で育ってきたわけだから、むしろ「家事は好き」だ。

食器を洗う事だって、洗濯物を干す事だって掃除をすることだって、全然苦に思ったことは無い。
料理も大好きだ。
だから今の体型が出来上がってしまったといってしまうのもいささか間違えでは無い。

一人にすべてを任せるなんて、僕にはなかなか出来ない。
自分の性格なんだろうけどね。

今までお伺いを立てながら物事を進めたり、これをやったら相手は喜んでくれるかなという具合に。
別に悪気は無い。

これから長い夫婦生活。
一緒に歩いていきたい。
あと、仕事人間にはなりたくない。

だから、って言ったらすごく自己主張が強い感じがしてあまりいい気持ちではないけど、これは妻に宛てて言いたい。

「いっしょにやろうや。意地とかそんなこともわかるけど、助け合って、一緒に喜んだり悲しんだり、怒ったり笑ったりしようや。夫婦ってそういうもんちゃうかな~」

長文失礼。
スポンサーサイト
2010'07'21(Wed)00:50 [ 日常 ] CM1. . TOP ▲
COMMENT


初めまして。これってパートナーに対しての思いやりですよね。リスペクトする気持ちと思いやり。余り考えずに楽しくやって下さい。
2010/07/31 12:24  | URL | 名無しでめんご #- [edit]
コメントする














秘密にする?

    


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。