No Music No Life~日々全力投球~  社会人になっちゃったゆずひろの日常
09≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303110/ ≫11
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--'--'--(--)--:-- [ スポンサー広告 ] . . TOP ▲
僕とAMラジオとFMラジオ
 こんばんわ、ゆずひろです。
 リンク先のりょう(♂)さんのブログを見て同じようなことを書こうかなと思います。

 ゆずひろが初めて「ラジオ」という媒体を聞き始めたのは小学校6年生の頃あたりから。今もやっていると思うが、ABCラジオの「ミュージックパラダイス」略して「ミューパラ」がそもそもの根源にある。リスナーからのリクエストでランキングを決めるという、よくあるパターンの番組…そう、僕にとって最初のラジオは「AM」ラジオだった。

 それから2年後、転機が起きる。部活の友達から「面白いよ」と勧められて聞いた番組…kiss-FMの「SHINGO'Sレディオショー」だ。FMの番組ってどこか距離感があるように感じる方が多いのは確かだ。しかし、この番組はリスナー参加型番組というものを確立していた。なによりもDJのSHINGOさんが面白く番組を進行してくれたのは言うまでも無い。
 そこから僕はFM族(?)になった。平日は朝6時30分のFMの占い、お徳情報に耳を傾けながら目を覚まし、学校から帰って夕方5時からは、ターザン山下というDJの番組を聞き、土曜日は午後4時からNHK-FMの音楽番組を聴き、5時からはkiss-FMに周波数を合わせ、シンゴさんの番組を聴いていた。途中、シンゴさんの番組は平日の午後10時からの枠に変わるもののそれも毎日聞いていた。ラジオで始まりラジオで終わる一日が、当時の僕の日常だった。
 しかし、シンゴさんの番組がとうとう終了となった。そのとき偶然、コミュニティーFMが開局し、平日午後10時枠に高校生活を語る上ではずすことのできない番組に出会う。「今夜は楽しまナイト」である。
 シンゴさんの番組以降、僕が聞くラジオは、その日のトークテーマが決まっていてそれをリスナーがネタとして送ったりするものだった。
 「楽しま」が一番自分が番組にメールを送った回数が多い。嬉しかったのは、トークテーマを採用されたこと。何を採用されたかは覚えてないけど、すごく嬉しかった。この番組のお陰でF-1を見るようにもなったし、新しいラジオを見た気がした。この番組はどこかAMチックだったのだ。
 通常、FMもAMも番組を進行する上で何人もの人が関わる。キーパーだったり脚本家だったりADだったりミキサーだったり…しかし、この「楽しま」は別物。2人だけだった。喋り手と編集者の二人だけ。まぁ規模の小さいラジオだったからかもしれないが、それはそれは面白かった。ADの声が小さいながらもマイクが拾うんだもの。結構シュールな突込みをしたりとw
 しかし、この番組も終わった。それを機に最近ではラジオを聴くことが全くと言っていいほどない。

 ただ一つを除いては…



 ゆずのANNは別格です。
 ただ、僕が聞き出したのは時期がものすごく遅く、スーパー最終回の何回か前なのだ。当時実家の姫路からではゆずのANNを聞くには京都のラジオ局に周波数をあわさなければ聞けないのだった。しかし、周波数を合わせたところで雑音が占領し、聞くことができなかった。
 ちゃんと聞けたのは、その後ゆずが宣伝のために一日復活とかするときだけだった。深夜帯(Ⅰ部の時間帯だったかな)だから、雑音も少なかったのでクリアに聞けた。



 生活環境が変化したからと言えばそれまでのことなんだけど、実家にいたころは「ラジオあっての人生」と言っても過言ではなかっただろう。

 FMラジオを毛嫌いする人の気持ちも分かるし、AMラジオを毛嫌いする人の気持ちも分かる。ただ、どちらにも一長一短はあるわけで、どちらがいいとは言いがたいものだ。どちからを毛嫌いしている人へ…

 変なフィルターを外して純粋にアウェーのラジオを聴いてみてください。そしたら、もしかしたら、何か変わるかもしれません。



スポンサーサイト
2005'09'28(Wed)02:43 [ コラム ] CM0. TB0 . TOP ▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://militant.blog12.fc2.com/tb.php/126-57382227
trackback



     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。