No Music No Life~日々全力投球~  社会人になっちゃったゆずひろの日常
05≪ 2017| 12345678910111213141516171819202122232425262728293006/ ≫07
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--'--'--(--)--:-- [ スポンサー広告 ] . . TOP ▲
小論文の書き方講座
 こんばんわ、ゆずひろです。僕は今大学2回生なわけですが、大学入試を受けたわけですよ。当たり前やけどwんで僕が受けたのって、商業高校生枠推薦だったわけです。高校が商業高校だったので、経済学部とか法学部なんかにはこの推薦枠のある大学があるんです。こういう推薦の受験科目ってのが小論文と面接っていう形式が圧倒的に多い。内申書も多少は考慮されるだろうけど、本番の結果が一番反映されると思う。これは身をもって照明できたはずなんですよね…僕、商業高校なのに全商1冠もないですからね…ここで説明しておくと全商ってのは正式名称:全国商業高校協会主催っていうやつで商業高校生しか受験できない検定があるんですよ。例えば簿記とかプログラミングだとか…それの1級に合格したら1冠って呼ぶんですよ…同じようなものが工業高校にもあるみたいで…




 ん?本題逸れてる…



 さて、成績はよくなかった俺が合格を勝ち得るために挑んだのは小論文でした。その自分流の勉強法をこれから書こうと思います!!

 まず、色んな小論文の本が出てますけど、あれを買うのが一番いいと思います。あとは進学指導の先生に受験したい大学や問題集などの過去問をもらってやるのもいいと思います。普通科の人なら出来た小論文は進学指導の先生に見せるか国語の先生に見てもらいましょう。職業科高校(商業、工業など)の人は商業科の先生に見てもらうのも手です。そういったジャンルの問題が出た場合は、その専門の先生に聞いたほうがよりいいアドバイスをもらえるはずです。
 さて、肝心な書き方ですが、いざ問題用紙と解答用紙を渡されても、よっぽどセンスがない限り小論文ではなく作文になってしまう人がほとんどです。僕もそうでした。最初は書く字数に慣れることが大事だと思います。小論文は大概1000字前後書くことがざらです。1問のときもあれば何問かに分かれている場合もあります。
 考え方を変えると小論文と言うのは国語の問題のものすごく長くしたバージョンといえるかも知れません。問いがあって問題文がある。それを読んで自分の意見を書き連ねる…これが小論文の大まかな流れです。小論文で問われていることは高校生とかでは解決できないような難問が出されます。それを如何に社会の現状を認識しつつ自分の意見が言えるのかを見ているのです。ただ、最近はそのような解答も少ないらしく、書き方(特に接続詞)と論点があっていればOKというところもあるようです。
 問題集などの模擬解答はあまり期待しないほうがいいです。一応そのように書いてほしいってことだけで、それが完璧な解答ではないからです。ただ、最初の頃はこの模擬解答を使うことが大切だと思います。多くの先生は解答を見ながらやるのは効率も悪いし自分の身にならないと言いますが、やったこともない小論文をやるときはこの発言は無視してください。少なからず、自分の目の前にある小論文としての形を示しているのが模擬解答なのです。では、これをどのように活用するのか説明します。
 まずは、ちゃんと問いと問題文を読みましょう。これは出来るなら2度は最低読んだ方がいいと思います。んで、読み終わったら、問いに対する問題文を読んでの自分の疑問をメモ用紙に書いてみましょう。

「問いにある問題ってのは問題文のここの部分のことをさしているのかな?」
「これが問題だとして何が問題なのだろう…」

 最初はここまで出来れば十分です。ここまで出来たら模擬解答を見てみましょう。模擬解答を2回くらい読んで、何が問題だったのかを理解しましょう。そして、この模擬解答を見ながら、解答用紙に書きましょう。ただ、ここでは模擬解答をそのまま写してはいけません。模擬解答に書かれている言葉を自分の表現に変えて(自分が理解できる言葉に直して)書いてください。そうすれば、模擬解答から自分が理解した内容をまとめた文章が出来ます。模擬解答にそっくりでも自分で書く内容を変えたのだから立派な解答です。これを数回続けてください。同じ問題ではなく違う問題を使って…

 そうしていくうちに、どこが問題でどう考えればいいのか、どのように構成していけばいいのか、大体の流れをつかむことが出来ます。

多くの小論文の書き方と言うのは…
1.賛成か反対か自分の立場をいう
2.その理由
3.それの立場の意見(自分の意見に対する反論みたいな感じ)
4.逸れに対する反論
5.まとめ(もう一度立場を言うのもよし)
って感じ。でも、だからといって「私は~に賛成である。」と書かないでいい。むしろ書かない方がいい。最初はそれでもいいが…
「今日社会保障の問題が表面化してきている。このままでは満足した社会保障が受けられるかという不安の声も聞こえる。そのためには税金の引き上げが必要であろう。
 なぜならば、今日の国の財政を見てもわかるように……」
 どうだろか?明らかに立場を表すのもいいが、このほうがなんとなく小論文っぽく見える。小論文の書き方のプロセスの1には「現実の事実を挙げた上での自分の立場を表明する」というのがある。
 しかし、これをやる場合、問題文以外から必要な知識が要る。それを補うためには、やはりニュースや新聞を見たほうがよい。ニュースはテレビでもいいし、NHKでやってる「週間こどもニュース」でもいいし、ネットででもいい。週間こどもニュースは分かりやすく説明しているから新聞を読むより理解しやすいからおすすめします。
 断定は出来ませんが、小論文を行う場合多くは社会問題を出してくると思います。そしてそれが何らかの形で自分が志した学部(学科)に関することがあることがあると思います。なので、ニュースの中でも特に自分が行きたい学部などに関するニュースは注意深く調べておくといいと思います。
 

 最後に小論文を書く上で僕が気をつけていたことを…

1.同じ接続詞は1度しか使わない
2.~と思う。と書かない(書くと自分の意見に自信がないように思われてしまうこともあるので)
3.そのために、語尾は~であろう。~と感じる。~と考える。とする。(これだけで小論文っぽくなります)

 極論を言ってしまえば、この上の3つを気をつけていればどうにかなります。あとは自分が頑張るだけです。本気で受かりたかったら、それに見合う情報収集などを行ってください。
 このブログをみた受験生の人が一人でも多く合格できることを心から祈っています。

スポンサーサイト

2005'07'04(Mon)03:43 [ 未分類 ] CM0. TB0 . TOP ▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://militant.blog12.fc2.com/tb.php/39-7262839a
trackback



     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。