No Music No Life~日々全力投球~  社会人になっちゃったゆずひろの日常
07≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303108/ ≫09
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--'--'--(--)--:-- [ スポンサー広告 ] . . TOP ▲
SNSとブログ
こんばんわ、ゆずひろです。

さて、携帯からこのブログをご覧の方には分かりづらいけれども、僕のこのブログの右側には過去にどれだけ記事を書いたのか表示されているわけですな。んでよくよく見ていくとある時期から一気に記事数が激減しているんです。なぜか。。それは単純にSNSにハマッた時期だったからだ。


ちょうど2006年の3月頃からになるようだ。実質僕がSNSを始めたのは2005年の12月頃からになる。着実に、でもしっかりと僕はSNSにハマっていったのだった。

SNSには目新しさがたくさんあった。気軽に日記を書けることや、コミュニティといって自分の好きなことをみんなと共有できるようになり、簡単にその空間で友達を作れることが出来た。実際、今でも僕はこのSNSをやっているわけだが、友達というのは50人にのぼる。そのうち実際に会った事のある人は半分いるかいないかだ。いや、もう少し多いかな?w


SNSはかなり流行した。いや「している」というのが正しいのかな。「招待制」という新しい方法であったため、珍しさもあったり情報がある程度守られるのではという感じさえした。


しかし、実際は招待制を逆手にとって知らない人を招待する人まで現れたり、好き勝手に日記を書けるということで、自分の感情をそのまま日記として公表し、果てには犯罪予告になる日記まで登場してしまっている。


たしかにSNSにはブログにはない魅力が多くあった。今となっては僕のブログのリンク先のほとんどはSNSをメインに日記を書くようになり、ブログの存在さえ忘れているような気さえする。


SNSでは個人情報をこれでもかっていうくらい公表している。本名、現住所、出身地などなど。。簡単に誰かと特定できてしまうものが溢れている。SNSの空間だからと簡単に公表している。ブログの世界では考えられないことだなと思う。


ブログも元々は個人HPを作成したり運営したりする上で日記と言うものが主流だったことから簡素化するために登場したものであったはず。SNSはブログの代わりにはなっただろうが、それはそれでよかったのかな?


僕はブログの世界に戻ってきた。単純にここが僕の居場所であるからだ。僕がネットで自分のことを書くようになった最初の場所だからだ。SNSもまだ続けるだろう。でも、今までのようにSNSに重きを置くのではなく、どちらかといえばブログに重きを置けるようにやっていきたい。


「記事があった読者がいて、コメントがあって初めてブログが成り立つ」


とあるブロガーさんの言葉だ。この言葉とっても深い。そして納得。ブログも一つの作品になり得るのだ。面白い記事、マジメな記事、落ち込んでいる記事、、、それぞれがすべて自分の作品であり、まだ未完成。それにコメントがあって初めて作品になるのだ。

スポンサーサイト
2007'10'05(Fri)01:44 [ 日常 ] CM4. . TOP ▲
COMMENT


はっ!オイラのコメかw
いやいや、mixiやりたくてもできない人間の僻みですよwwww
2007/10/06 03:06  | URL | 裏 #- [edit]


>>裏さん
あなたのコメですwww
あーたしかにやりたくても出来ないよねー。名前とか変えれば!!!っていずれバレちゃうのかな~。。。
やればいいのに(待
2007/10/06 04:09  | URL | ゆずひろ #- [edit]


やりたいんだけどね~、お誘いはことごとく蹴ってるオイラw
でも、mixiって楽しそうだよね。
でも、mixi関連のトラブルとか見てると、怖いからやめとくw
2007/10/07 03:12  | URL | 裏 #- [edit]


>>裏さん
ことごとく蹴ってるんだwww
楽しいよ~。中毒っていえるくらいひっきりなしにmixi覗いてる人もいるくらいだしw
mixi関連のトラブル…。たしかに色々あるもんねー。
有名人もたまーにいるらしいけど、どうなんだろうね。
名前非表示とか設定できるようになってるから、ある程度自分でカバー出来るのかな?
2007/10/08 01:44  | URL | ゆずひろ #- [edit]
コメントする














秘密にする?

    


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。