No Music No Life~日々全力投球~  社会人になっちゃったゆずひろの日常
07≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303108/ ≫09
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--'--'--(--)--:-- [ スポンサー広告 ] . . TOP ▲
【経済】中国のGDPが9%増加
4~6月、9.5%の成長=根強い過熱感-中国

 【北京20日時事】中国国家統計局は20日、第2・四半期(4~6月)の国内総生産(GDP)が速報値で、前年同期比9.5%増になったと発表した。第1・四半期(1~3月)の9.4%増を上回り、4半期ベースで8期連続の9%台を記録したことで、根強い過熱感を確認した形だ。
 上半期のGDPは6兆7422億元(約87兆6500億円)に上り、前年同期比9.5%増だった。 

[時事通信社]

 中国熱いですね~。まぁ当然といえば当然なんですよね、この流れ。なぜか?それは…





 オリンピック!!



 のお陰なんですよね。中国って国土がバカ広くて人口も世界一位なのに、建築関係とかってまだまだな状態なんですよね。だから、オリンピックにかけて国の中を豊にしようとしてる最中なんですよ。ビルとかホテルとか競技場とかを作ってるから、中国の景気は鰻上りにいいんです。
 この流れってどこにでもあることらしく、同じように日本がオリンピックの会場に決まった年あたりから景気が上昇したんです。ちょうど高度経済成長といわれる時期です。

 んで、これって中国だけがいいわけじゃないんですよね。日本の製鐵業の景気が良くなってるんです。中国への輸出が近年大幅に増加をしているからなんです。現に、今日このニュースが流れてから製鉄関係会社の株価が上がってましたので。
 まぁこの流れは鈍くなったとしても北京オリンピックが開催されるまでは必ず続きます。これは断言できます。まぁ天変地異とか戦争が起きない限りですけどw
 株で言うなら日本企業内だと製鉄関係の株を買っていて損はないと思います。輸出が増えているので前年度より売り上げが上がるのはほぼ間違いないですし、それに伴って株主配当も増えるはずなので…

 ただ、オリンピックが終わった後の中国は黄色信号です。日本と同じように「安定成長期」に入り、最悪デフレにもなりかねないからだ。今、従業員が多い状態だが、経済の成長も安定してくると、大々的な変化がない限り、企業が従業員を増やすことは少ない。だから、企業側は雇用者を減らすことになるだろう。それが重なり続くけて、中国国民の怒りに触れたらそれはそれで大変だ。本当に日本の再現になりかねない。
 まぁ将来はどうなるか分かりませんけどw
スポンサーサイト
2005'07'21(Thu)00:22 [ ニュース ] CM0. TB0 . TOP ▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://militant.blog12.fc2.com/tb.php/54-f25789f9
trackback



     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。